相談している男女

研修の種類

新しく会社に入った社員がまず最初の段階で受けるのが教育研修です。教育研修とはその会社について知り、会社の業務について学ぶことで今後会社にとって戦力になる人を育てることです。
それと同時に研修によって社員も経済力をつける基盤になるのです。教育研修と言ってもいろいろな形があります。
一つがその会社で授業形式で受けるものです。通常は朝の8時から9時の間にスタートして、夕方には帰ることができます。
泊まることはまずないでしょう。次に、会社以外の場所に集まる形態です。
この形態は同系列の他のところからも集まることが多いようです。最後に宿泊施設に泊まる形態です。
この形態は会社によって違いますが、だいたい3,4日ほど泊まって業務や会社の理念などについて学ぶことになります。

教育研修に類似するものは何でしょうか。
類似するものを知ることで、選択の幅が増えるはずです。
類似するものの一つにセミナーがあります。
セミナーは会社単位でやることもありますが、人数が多いとお金がかかるため、普通は同一の会社の人間が大人数で参加することは考えられません。
ただ、場合によっては経費で落とすことも可能です。
セミナーはその会社の理念や方針について学ぶことはありませんが、話が流暢なスピーカにより、実践的な内容を学ぶことができる点で研修よりも優れていると言えます。
また、ワークショップを行うことが特徴的で、同じセミナーの参加者の考えを聞くことができるなど、会社の教育でも取り入れる価値があるものです。